スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒髪、天を衝く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
怒髪、天を衝く
「怒髪、天を衝く」とは熟語の一つで、激しい怒りのために逆立った髪の毛が天を突き上げる様子を表す。
また、そのような凄まじい形相や憤怒の事。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

電車に乗っていたら隣の学生達が
『生まれてはじめて「怒髪、天を衝く」ほど怒り狂った事はなんだったか?』 
というテーマで盛り上がっていた。

〜自分が生まれてはじめて「怒髪、天を衝く」程怒り狂った事ってなんだっただろうか〜

しばらく考えて、多分あれだったんじゃないかという事件をおもいだした。

記憶の限界までさかのぼること約30年、、当時幼稚園児だった僕には大切な宝物があった。
ピラニアの剥製のキーホルダーだ。
祭りの露天で怪しい外人が売っていたのを目敏く見つけて、お爺ちゃんにねだって買ってもらったのだ。
図鑑でしか見た事のなかった憧れのアマゾンの恐ろしい魚!!
ほんものの剥製が手に入った僕は歓喜した。
大事に箱にしまって保管した。時々出して眺めたり、絵に描いてみたり、図鑑と見比べたりして至福の時間を楽しんでいた。
そんなピラニア浸けな日々を送っていたある日、同じ幼稚園に通っていた山川くんが家に遊びに来た。
山川くんと何をして遊んだのか全く記憶に無いが、しばらくして気付くと

いつの間にか山川くんが僕の大事な宝物のピラニアを手に持っていた!!

ハッ!!!!

と思った次の瞬間である!!

何を思ったか山川くん!いきなりピラニアの尾びれを食べたのである!


多分、この時、生まれてはじめて怒髪、天を衝きました僕。

ピラニア





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。