スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泰然自若

この前、大相撲を見ていたら横綱白鵬の相撲を解説するアナウンサーが泰然自若という四文字熟語を使っていました。
この四文字熟語を聞くと私は、武田先輩という中学時代の先輩を思い出します。


当時、私、剣道部に所属しておりまして、その道場の壁に『泰然自若』と書いた掛け軸が神々しく飾られておりました。
この掛け軸、横書きで書かれていたのですが、結構古いものらしく、書き方が今とは逆の右から左に
『若自然泰』
と書かれていました。

思い出の武田先輩というのは、同じ剣道部のひとつ上の先輩でした。
武田先輩が三年のもうすぐ引退する頃のことです。いつもの様に道場にいくと武田先輩がひとりポツンと掛け軸を眺めていて「う~ん」と小さく唸っていました。
ひょっとしたら武田先輩は、もうすぐ引退なので感傷にひたっているのかもしれないと思ったその時でした

「わ、、わ、わ~か~じぜんそ~?
なあ、 わかじぜんそ ってなんや?」

3年間毎日見て来ただろうに、、

質問された私は思わず動揺してしまい、この四文字熟語の持つ意味を実践することの難しさを知るのでした。

CIMG6425.jpg




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。